【大野・白根線〜その4〜】

2019.05.17

「大きな凧」が有名な白根♪
どれくらい大きいのか、「しろね大凧と歴史の館」へレッツゴー!

 

゚+.―――――前回までのあらすじ―――――――゚

バスの中でおばあちゃんから「白根」のことを教えてもらった、
りゅーとくん。
はじめての大きな凧にワクワクしてるみたい♪

 

さてさて、どんな凧が見られるんだろう??

゚+.―――――――――――――――――――――゚+.

 

バス停「白根桜町」で降りて、少し歩くと~…
おばあちゃんが教えてくれた
「しろね大凧と歴史の館」の看板を発見!

 

 

 

 

うわっ!カッコイイ~☆
「大きな凧」早く見てみたいなぁ~( ´艸`)

 

…あー!
もっと大きな看板がある( ゚Д゚)!

 

 

 

 

「しろね大凧と歴史の館」に到着だ~!
さっそく、中に入ってみよう☆

 

入口に大~きな凧があったよ!
デッ…デカい…!!

 

 

 

 

ここにある大きな凧はたたみ24畳分で、
外にあった凧の看板も同じ24畳分の大きさなんだって☆

 

 

 

 

ちなみに下にあるのは、子どもが揚げる凧!
たたみ12畳分の大きさらしい…。

 

どうやったらこんなに大きな凧が揚がるんだろう??
折れたりしないのかな~??

 

館長さんから教えてもらったよ!
凧をよく見ると~…
たくさんの棒が何本もくっついてて、糸もたくさん。

 

 

 

 

棒が骨みたいになって凧を支えるから
簡単には折れないんだって(゚∀゚)

 

大きな凧って…
見た目がカッコイイだけじゃなくて、
いろんな工夫がされて飛んでいたんだね☆

 

でも、なんでこんなに大きな凧を揚げるようになったんだろう??

 

白根の大凧の言い伝えを教えてもらったよ!
江戸時代の中頃…
白根側の人たちが中之口川の堤防の改修工事完成を祝って
大きな凧を揚げたら、川の向こう側の西白根側に落ちて
西白根側の人たちを怒らせちゃったんだって(;゚Д゚)

 

西白根側の人たちは対抗して、白根側に向かって大きな凧をたたきつけたことから
「白根大凧合戦」がはじまったらしい。

 

ケンカがお祭りになったとか、意外だね!
大きな凧のほかに、“全国の凧”や“世界の凧”もあったよ!

 

 

 

 

こうやって見ると、日本の凧は顔が書かれたものが多いけど、
海外の凧はカラフルでかわいいものが多いね♪

 

ゆーとくんも喜びそう( ´艸`)

 

あ!そうだ!!
6月にある「白根大凧合戦」は
家族みんなで行ってみたいなぁ~♪
帰ったらパパと相談だぁ~!

 

フフフ♪楽しみ~( ´艸`)

 

さっきのバス停に戻って、次の街へ出発☆
…と思いきや…

 

 

 

 

あっという間に終点「潟東営業所」に到着しちゃった!

 

 

 

 

うわぁ~!ここもバスがいっぱい♪
営業所っていろんなところにあるんだね!
ボク、バスがたくさん見られるから、営業所大好き~(´▽`*)

 

 

 

 

16回目のバス旅も無事に終了~!

 

今日は大きなお花畑やおいしい中華料理が食べられる
お店がある「大野」とフルーツがたくさん採れて
大きな凧が見られる「白根」に行って来たよ!

ママとゆーとくんの好きそうなものが
たくさんあった路線だったなぁ~♪
大野・白根線のバス旅も大成功~(^^)v

 

帰ったら、今日のバス旅を日記に書くんだぁ~( ̄▽ ̄)☆
次はどの路線にしようかなぁ〜♪

 

 

りゅーとくんのバス旅は、
…まだまだつづく!

 

 

 

<拡大する>